オールインワンゲルの様々な使い方

subpage1

オールインワンゲルは、基本的にはそれひとつで化粧水や美容液、更にはクリームなどのスキンケア製品の役割を果たすとされている製品です。そのためスキンケアにかかる時間や手間、あるいは費用を少なくすることに効果が期待できます。

オールインワンゲルについて紹介しています。

しかしこれはあくまでも基本的な使い方であり、オールインワンゲルの使い方は他にもあります。


まずは他のスキンケア製品と合わせて利用すると言う方法です。
たとえば化粧水の後にクリーム代わりに利用すると言う使い方です。



クリームは化粧水で与えた水分を閉じ込めるためには欠かせないアイテムですが、油分が多いためべたつきが気になる、あるいは重めのテクスチャーが苦手と言う人も少なくありません。

しかしオールインワンゲルであれば、ゲルと言うテクスチャーの性質上、さっぱり、しっとりとした使い心地で、化粧水の潤いを閉じ込めることが期待できます。
また何かしらの肌悩みに特化した成分が配合されているオールインワンゲルであれば、美容液の代りに利用すると言うのも良いです。
最近では、化粧水の前に、その潤いの通り道を作ると言う意味で導入化粧水と言うアイテムも出てきていますが、それの代りの利用すると言うのも良いかもしれません。ゲルなので肌馴染みが良いので、それほど量を使用しなくても、しっかりと潤いの通り道を作ることが期待できます。



更にスキンケアの後にたっぷりとオールインワンゲルを顔に塗ることで、パックとして利用することもできます。

乾燥が気になる冬は勿論のこと、インナードライになりやすい夏場でも、さっぱりとした使い心地で肌に潤いを届けられます。